プロフィール

フォトアルバム
スタッフ

ドイツビアホール『ツムビアホフ新宿店』です!!

東京歌舞伎町の繁華街にあるドイツビアホールです。他にはない特有の空気を感じてください☆

最近のトラックバック

もっとお店のブログを見る

« ドイツビールあれこれ | メイン | ボタンの掛け違い »

2009年11月24日 (火)

映画とビールのマリアージュ

こんにちは、最近一段と寒さが増して来ましたね。
皆さんお元気でお過ごしですか?

先日、お休みを頂いたので、家で映画を観ました。
休みの日に、映画を観ながら飲むビールは、なんであんなに美味しいんでしょうねbeer
ちなみに観たのは『幻影師アイゼンハイム』という、マジシャンの話なんですが、もう最近観た映画の中では相当面白かったので、皆さんも是非観てみてください。
ちなみに観終わった僕は、本気でマジック勉強したくなりました。そのうちツムビアホフでやるかもしれませんbleah


さてさて、前回お知らせしたとおり、今回はホフブロイの説明をしたいと思います。
ホフブロイは、『ホフ=宮廷』という意味を持つ通り、元々は王室御用達の宮廷醸造所として、1589年に設立されました。
この時代の宮廷醸造所は、単に王様の為のビールを造ることが目的では無く、ビールを国民に販売し利益を得る。王国の収入元としても非常に重要な役割を持っていました。
ちなみに、設立当初のビールは現在人気の白ビールでは無く、ドュンケルの様なブラウンビールでした。その当時のビールはダークビールが主体だった為、このブラウンビールも国民の人気を非常に得て、実に200年もの間独占的に醸造、販売されたそうです。
現在もミュンヘンの6大ブルワリーの一つとして、圧倒的な人気、知名度を持つホフブロイ、その歴史を知り飲むビールの味は、また少し違うかも知れませんbeernotes


トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://cms.blog.gnavi.co.jp/t/trackback/566363/28410317

映画とビールのマリアージュを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

樽生直輸入ビアレストラン ツムビアホフ 新宿 のサービス一覧

樽生直輸入ビアレストラン ツムビアホフ 新宿